ワールドカップ2018年ロシア大会気になる開催地情報 Part 1

2018ワールドカップスタジアム

開催地は10箇所、11スタジアム

▼ Part 1 ▼Part 2Part 3

気になる開催地情報 ロシアワールドカップ2018年はロシアの各地合計10都市11スタジアムで開催予定です。モスクワやサンペテルブルゴ、冬季オリンピック開催地のソチなどは知名度のある都市ですが、その他の都市はほとんどの人が初めて耳にする場所だと思います。今回は2回に渡って開催地やスタジアムの様子などをご紹介します。

開催地1.モスクワ Москва́

ご存知モスクワ(Moscow)はロシア連邦の首都としてロシア連邦83地域の連邦の一つです。人口は1550万人でヨーロッパで最も人口の多い都市です。

クレムリンや赤の広場といった有名観光スポットも多く、ワールドカップ観戦旅行でも多くの方がハブにする都市になると思います。
ワールドカップでは、2つのスタジウムが使われる予定です。

ルジニキ・スタジアム (露:Стадион Лужники、英:Luzhniki Stadium)

ルジニキ・スタジアム-露Стадион-Лужники-英Luzhniki-Stadium

ロシア首都のモスクワにある、国内最大の球技専用競技場。収容人数は通常81,006人. オリンピック開催時には最大で103,000人の収容も可能な巨大スタジアム。以前はレーニンスタジアムと呼ばれていました。

開幕戦を含む1次リーグ4試合、ラウンド16が1試合、準決勝、決勝戦と計7試合が開催予定です。

アクセス: モスクワ中央環状線(地下鉄14号線)ルジニキ駅(Лужники)下車

スパルタク・スタジアム (オトクリティ・アリーナОткрытие Арена)

スパルタク・スタジアム (オトクリティ・アリーナОткрытие Арена)

開催地2.サンクトペテルブルグ (Санкт-Петербург)

サンクトペテルブルクスタジアム Saint Petersburg Stadium

サンクトペテルブルクスタジアム Saint Petersburg Stadium 

エルミタージュ美術館を始めバレーや文学が盛んな芸術都市としても有名なサンクトペテルブルグは、ロシアのレニングラード州の州都です。5月下旬から7月中旬には太陽の沈まない白夜があることでも知られています。サンクトペテルブルグのスタジアムは2017年竣工した新しいスタジアムで、サンペテルブルグのクレフトスキー島にあります。このスタジウムはゼニトサンクトペテルブルクのホームスタジアムとして機能しています。

収容人数 68,134人

アクセス: 地下鉄5号線クレフトスキー島駅(Крестовский остров)下車

ワールドカップまでに最寄り駅としてNovokrestovkaya駅を建設中

開催地3.ソチ Со́чи

オリンピックスタジアム フィシュトスタジアム Fisht Stadium Фишт

オリンピックスタジアム フィシュトスタジアム Fisht Stadium Фишт

2014年の冬のオリンピックの開催地として知られているソチ(Sochi/Со́чи)
は黒海に面したロシア随一のリゾート地。人口40万人程の中規模の都市です
ワールドカップで使われる予定のスタジアムはオリンピックの会場にもなったソチオリンピックスタジアムです。近くにあるフィシュト山からフィシュトスタジアムとも呼ばれています。

ソチ(Сочи)からは電車で約50分、アドレル(Адлер)からは電車で約11分です。

収容人数 47,700人

アクセス: オリンピックパーク駅下車(Olympic Park railway station/Олимпийский парк)

開催地4 ロストフ・ナ・ドヌ (Росто́в-на-Дону́, Rostov-On-Don)

ロストフナドヌ・スタジアム ロストフアリーナ Rostov Arena

ロストフナドヌ・スタジアム ロストフアリーナ Rostov Arena

ロストフ・ナ・ドヌ( Росто́в-на-Дону́, Rostov-On-Don)はモスクワの南東約1100kmに位置するロシア・ロストフ州の州都。人口110万人の都市です。ロストフはアゾフ海の付け根にあり、ドン川の下流河畔の丘上にあります。ワールドカップが開催されるスタジアムはロストフアリーナ(Ростов Арена)。ワールドカップの為に新設されるスタジアムです。ワールドカップ後はFCロストフのホームスタジアムになる予定です。スタジアムは、ドン川を渡った新市街にあります。

収容人数 45,145人

アクセス: トラム駅Voroshilovskiy Ave (пр. Ворошиловский) 下車徒歩30分、約2.5km

まとめると

5ヶ月後に始まるワールドカップ。ロシアは大きな国なのですが、知られている都市はわりと少ないです。ワールドカップ観戦を機に観光する人も多くなるのではないでしょうか。通常だとビザの申請が必要なロシアですが、ワールドカップおよびコンフェデれ0ションカップの観戦の目的にかぎり、ID登録など手続きが必要ですがビザが免除になります。 ビザ免除手続きについては別記事でご紹介します。

▲ Part 1 ▲Part 2Part 3

Posted in ワールドカップ2018ロシア and tagged , .

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です