パチューカで一番危険な男はワールドカップでも危険な男?!

本田圭佑

日本代表メンバーの中でもひときわスター性が高く、期待も大きい本田選手。キャリアの早いうちから海外クラブチームで活躍し、現在はメキシコリーグのCFパチューカで活躍中です。

本田圭佑3

本田圭佑選手 基本情報

本田圭佑4本田圭佑選手は大阪市摂津市出身の31歳。現在リーガMX CFパチューカ所属。ポジションはFAとMF. 鋭い目線とトレードマークの金髪がとても目立っていますよね。

 

キャリア

本田圭佑5

小学校2年のときに、地元の摂津FCでサッカーを始めます。お兄さんの本田 弘幸さんもサッカーをしていたことから、お兄さんの影響もあったかもしれませんね。

ちなみにお兄さんの本田 弘幸さんもサッカー選手としてユースを経て、高校で総体ベスト8、その後練習生として活躍していたそうですが怪我で現役引退し、今は本田選手の代理人として活躍されています。

本田圭佑選手は、その後ガンバ大阪ジュニアユースに所属するようになりました。残念ながらユースチームへの昇格ができなかったため、石川県の星稜高校へ進学することに。ここから本田選手の活躍が始まります。1年時に高円宮杯全日本ユース選手権で準優勝し、3年では星稜高校キャプテンとして第83回全国高等学校サッカー選手権大会にベスト4に選出しました。高校時期での活躍がみとめられ、高校卒業時には複数のJリーグクラブからオファーを受けた本田選手は、名古屋グランパスでプロサッカー選手としてのキャリアを始めます。

この時の契約、本田選手は「オファーがあれば海外のクラブチームへの移籍を認める」という項目を盛り込んだ契約を交わします。Jリーグでのプロサッカー選手でのスタート地点ですでに、世界への活躍を視野にいれていたんですね。
本田選手のプロデビューは、2005年3月5日、ジェフユナイテッド市原・千葉戦でした。
翌年2006年からはレギュラーに定着。

海外クラブチーム編

2008年からオランダ1部リーグのVVVフェンローへ移籍、2008-2009年のシーズンではリーグ戦36試合に出場、2008年に2部

本田圭佑6

リーグに降格となったチームの2部リーグ優勝と1部リーグへの復帰に貢献しました。翌年の2009−2010年でも前半18全試合にスタメン出場するなど活躍しました。

2010年からは移籍金900万ユーロ(日本円約12億円)の4年契約でロシアプレミアリーグのCSKAモスクワへ移籍します。2010年、2011年はチームのモスクワリーグ優勝に貢献しますが、2012年8月に右膝半月板を損傷し、3ヶ月の治療後も振るわず、この後もシーズン中は全試合を欠場、2012−2013シーズン開幕時は好調でしたが、2月に左足首を負傷しチーム離脱、チームはこのシーズンリーグ優勝します。この年のロシアスーパーカップでは、チームの優勝に貢献。2013年12月に契約満了でモスクワを退団。

本田圭佑7

2013年からはイタリアセリアAのACミランへ完全移籍します。初試合は2014年4月のサッスオーロ戦。翌年の1月のスパツィア戦で移籍後初得点を決めます。2014−2015年シーズンはミラノダービーでインテル所属の長友選手との日本人対決で周囲が盛り上がります。2015−2016シーズンは登場の機会も少なく、前半は12試合に出場し、得点こそありませんでしたがアシストの記録があります。
2017年7月よりリーガMXのCFパチューカへの移籍が決定。これには日本のファンも驚きを隠せませんでした。2017年8月に初出場初得点を決め、メキシコにファンを魅了します。2月9日、FIFAクラブワールドカップの準々決勝ウィダード・カサブランカ戦にて大会初出場で勝利に貢献して盛り上がりました。

日本代表

本田圭佑8

日本代表は2009年本田選手が18歳でキリンカップチリ戦から、出場。初代表初得点を記録しています。
2016年南アフリカ大会では4ゲームフル出場。

本田選手の家族

本田圭佑9

本田選手の奥さんは同級生だそうで、高校時代に本田選手が一目惚れした対戦高校のマネージャーだったそうです。お互いが22歳のときに結婚されています。ネットでも奥さんの写真をいくつか確認できますが、きれいな方ですね。もとは保育士をされていたそうですが、結婚を機に退職されています。2012年には長男も生まれて幸せいっぱいだそうです。

プレーの特徴

本田圭佑10

フリーキックが得意とされている。海外移籍後はとくに、貪欲にゴールを目指すスタイルを確立しています。以前は運動量があまり多くないといわれることもありましたが、現在はそうでもないようです。

まとめると

選手としてだけでなく、指導者としても地元の大阪にサッカースクールを開講、続いて神戸にも続いて開講しています。また2016年には日本人で初めて、MITマサチューセッツ工科大学の特別研究員に2年契約で就任しています。これからも本田選手の素晴らしい活躍を期待します!

 

Posted in 選手図鑑 and tagged , , .

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です