2018年ロシアワールドカップ選手図鑑5 中島翔哉選手。欧州親善試合でも大活躍!

2018年ワールドカップ日本代表各選手に注目し、選手のキャリアや特徴、期待度などをお知らせしている2018年ロシアワールドカップ選手図鑑シリーズ第5弾は今回は3月後半に行われた欧州国際親善試合でも大活躍した中島翔哉選手。今回は注目の中島選手に迫って見たいと思います。

基本情報

中島翔哉

中島 翔哉(なかじま しょうや)選手は東京都八王子市出身の23歳。ポジションはFWとMF。ポルトガル一部リーグのポルティモネンセSC所属の選手です。今回初代表となり、3月後半の欧州親善試合日本代表のスタメンに選ばれました。

中島選手のサッカーキャリア

中島翔哉2

中島選手は6歳より地元でサッカーを始めます。サッカーを始めた同時期両親の離婚により母子家庭となった中島選手は、サッカーをフットサルの教室へ通っていたそうです。メキメキとサッカーで頭角を表した中島選手は2004年には東京ウェルディの下部組織へ参加をみとめられ、中学時代には3回のブラジル留学も果たします。2010年には東京都の国体で優勝、翌年の2011年にはクラブユースユース選手権大会で連覇も飾りました。

2012年に東京ヴェルディ2種登録選手としてキャリアを始めます。同年の天皇杯2回戦で途中出場し、トップチームでプレーすることになった中島選手はゴールを決めてチームに貢献するなど、実力をみせつけ、翌年の2013年には正式にプロ契約することとなりました。

2014年に突然FC東京に移籍、同時に才能を買われてカターレ富山へ期限付き移籍をします。富山では残念ながらスピード感と得意のドリブルで守備に奔走するも、チームでのサポートに恵まれず孤立することも目立ち、本来の力を発揮しきれない状況がつづきました。

中島翔哉3

同年の8月にはFC東京に復帰、シーズン半ばでメンバーがすでに固定されている中、途中出場からチームをアシストするなど貢献します。

2016年は日本代表のU23にて活躍、右膝の故障などもありましたが、チームの勝利に貢献し積極的なプレーを見せつけます。

2017年ポルトガルの一部リーグであるプリメイラ・リーガのポルティモネンセSCへへ2018年6月までの期限付きで移籍が決定。移籍後9月に初出場、9月の後半に行われたSLベンフィカ戦ではスタメン出場をしてリーグ戦のデビューとなりました。その後は着実に実力を発揮し、順調に得点を重ねこのシーズンでの最優秀FWにも選出されました。

日本代表としては2011年U17代表に選出され、U17W杯にも出場得点をあげています。

中島翔哉4

そして2018年、3月の欧州国際親善試合の日本代表メンバーに選出され、初出場ながら見事なゴールを決めたのは記憶に新しいです。

プレースタイル

身長164cm体重64kgと小柄な体格の中島選手のポジションはWF。トップ下や左サイドハーフなどにつくことが多いです。中島選手といえばドリブルのテクニック。ドリブルのタッチが細かく、キレがあって俊敏です。ドリブルの技術が高く、ドイツの香川選手にも負けるとも劣らない技術の持ち主。

さらに、トラップの基礎技術にも優れ、ワントラップで相手をやすやすと剥がしたり、または大きめのトラップでいとも簡単に相手を抜き出すなど完璧なトラップを披露します。
左サイドでプレーすることが多い中島選手ですが、利き足の右足から繰り出される、左サイドからシュートなどクオリティが高く、直接ゴールを狙うシュートも秀逸です。右足でも日がリアしでもアウトサイドにかけた球を的確に蹴れるなど技巧的なプレーも得意なレアな人材です。

そしてさらに強みは強いスタミナ。小柄な身体ながら、スタミナには自信があり、90分間スタミナを落とさず戦えるのも強みです。

家族

中島選手はポルトガルへの移籍を決めた2017年に結婚されています。お相手は一般の方ということでほとんど情報がありません。情報が入り次第またお知らせしますが、海外での活躍もきっと奥様のサポートがあってこそだとおもわれます。お幸せそうでなによりですね。

中村選手は小さいころから母子家庭で育ったそうで、お母さんは女手一つで中村選手を支えられてきたそうです。さらにお母さんは摂食障害という病気で入退院を繰り返す厳しい状況さらに経済的にも苦しい時期にも、中村選手を3度のブラジル留学におくるなど、中村選手のサッカーを支えてこられたそうです。

まとめ

3月の欧州親善試合で日本初出場ながらゴールを決めるなど、注目度がぐっと上がっている中島選手。ぜひWカップロシア大会でも、素晴らしいプレーを見せてもらいたいですね。

 

Posted in 選手図鑑 and tagged , , .

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です