この時期になぜ?速報ハリル監督解任。どうなるサムライジャパン

驚きのニュースが走る!ハリル監督解任!

ハリル監督解任

3月9日に驚きのニュースが飛び込んできました。W杯を2ヶ月後に控えたこの時期にハリル監督が解任されることになりました。通常ですと大会寸前のこの大切な時期に監督解任となると、なにか大事が起こったのかと疑ってしまいますね。しかも本戦のスタメンの選出締め切りも6月とあと1ヶ月半ほどしかない時期。

解任のニュースが流れたあと、日本サッカー協会とハリル監督それぞれからコメントが発表されましたので、これに従ってどうしてこういう結果にいたったのか、それぞれの立場からの流れを読み取ってみたいとおもいます。

ハリル監督解任までの流れ

ハリル監督解任の速報が流れたのは前日の8日夜。詳細は翌日9日ということで、多くの皆さんは翌日まで気が気でなく待ちました。
ハリル監督の解任は、4月7日付。後任監督となる西野朗技術委員長に監督就任の内諾を受けてすぐ、7日にパリ市内でハリルホジッチ監督に解任を通告したといいます。同時にモワンヌ、ボヌベー、ルグシッチの外国人コーチ陣との契約も解除されました。

日本サッカー協会の決定とコメント

ハリル監督の解任の緊急会見は、4月9日日本サッカー協会の田嶋幸三会長により発表されました。以下が田島会長の会見内容です。

田島会長の会見:

田島会長の会見

「4月7日付でハリルホジッチ監督との契約を解除しました。試合の勝った負けただけで更迭するわけではない。選手とのコミュニケーションや信頼関係が薄れていた。1%でも2%でもW杯で勝つ可能性を追い求めたい。W杯まで2カ月で、新しい監督は内部昇格しかない。西野氏を監督に決定しました」

W杯はどうなる?新監督は?

W杯はどうなる?新監督は?

ハリル監督解任の発表とともに日本代表チーム新監督も発表されました。新監督に任命されたのは日本代表チームの技術監督の西野朗氏。会見では田島会長は新監督に西野氏を任命した理由として「新しい監督には内部からの昇格しかないと考えました。これはW杯までたった2カ月であるということを考え、内部で一番、このチームを見てきた方、西野氏を監督と決定しました」とコメントしました。

しかし、現在の代表チームを技術委員長として好転させられなかった西野氏を新監督として任命する絶対的な理由は乏しいという意見も多数でているようです。ハリル監督を更送させたかったのが先ではないかとするメディアもでています。

西野新監督とは

W杯2ヶ月を控えた直前のこの時期に選ばれた新監督、西野監督とはどんな人なのでしょうか。西野監督は63歳、技術委員長として今までも日本代表チームと戦ってきました。指導者歴は長く1990年よりU-20をはじめとする多くのチームを率いてきました。

特に西野監督の名が知られたのは1996年のアトランタオリンピックでマイアミの奇跡とよばれるブラジルを破った試合です。またガンバ大阪ではJ1歴代最多の270勝へとチームを導き、多くのタイトルも獲得しました。4月9日の田島会長の会見では協会を通じて以下のコメントを発表しています。

西野新監督コメント:

「代表監督をサポートするポジションであり、このような状況になったことに責任を感じています。このタイミングでの監督交代は非常に難しいですが、現状を打破することが第一義だと判断し、日本代表の指揮を執ることにしました」

まとめ

W杯直前の異例の監督交代となった日本代表。海外からも驚きの声が多数上がっています。選手からも不安や不満の声も上がっている中、2ヶ月で新体制のチームを整えられるのか、日本代表チームの仕上がりを見守りしかありません。以前にも増して、日本チームの仕上がりが注目されます。頑張れ日本!

►【独占】トルシエが読み解く日本代表監督解任劇。ハリルが抱えた爆弾の正体/インタビュー【goal.com/jp】

Posted in 日本代表 and tagged .

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です