個人的ワールドカップ優勝国予想。優勝候補国の紹介と注目選手たち

ワールドカップロシア大会開催も2ヶ月後に控え、優勝国予想にもあちこちで行われています。もちろんスポーツブックでも優勝国予想にオッズがつけられています。今回はスポーツブックのオッズを参考に優勝国予想をしてみたいと思います。

優勝国予想人気No.1は前回優勝国のドイツ!

ドイツ代表7

前回のW杯ブラジル大会の優勝国ドイツ。前回同様今回も優秀な選手が勢揃いしていて優勝候補No.1と期待されています。選手層が厚く、体格、スタミナ共に良い選手ばかりです。

まずはGKですが、バイエルン・ミュンヘンのノイアー選手、バルサのテア・シュテーゲン選手の二人はどちらがついても安泰の2大GKがいます。

ディフェンスも、大御所バイエルン・ミュンヘンの選手軍、フンメルス選手、ボアテング選手、キミッヒ選手、ズーレ選手と素晴らしい選手たちが勢揃い。またドイツリーグのアーセナルのエジル選手、ドルトムントのゲッツェ選手、バイエルン・ミュンヘンのトマス・ミュラー選手のベテラン軍が経験を生かし、レアル・マドリードのトニ・クロース選手やマンチェスターシティのサネ選手などの若手を盛り込んでくると力やスタミナもさらにパワーアップすること間違いなしです。

いつも安定の上位国ブラジル

ブラジル代表2

前回のW杯ではドイツに7−1で敗れたブラジルですが、リオオリンピックではドイツを決勝で破り、南米予選を首位突破しています。

もともと実力のあるブラジル、W杯史上最多の5回優勝経験は伊達ではありません。天才フォアードのネイマール選手を始め、実力と人気を兼ね備えた選手たちが豊富にいるブラジル。選手層も厚いです。センターバックにはパリ・サンジェルマンのチアゴ・シウバ選手とマルキーニョス選手、チェルシーのダビド、ルイス選手がいます。

またレアル・マドリードのカゼミロ選手、バルセロナのパウリーニョ選手、リバプールのコウチーニョがなどのスター選手がうようよ。才能溢れる選手軍が多いブラジルですが、以外なことにGKは伝統的にあまり強くありません。GKの人材に誰が入るか。センターフォアードも手薄感があり、若手のマンチェスター・シティのジェズス選手の成長が期待されています。

強豪国フランス

フランス代表3

サッカーの強豪国であるフランスですが、意外にもW杯優勝経験は1回。その優勝戦にキャプテンとしてプレーしたのが現監督のデシャン監督です。良くも悪くも個人主義なフランス人、時に選手同士がなかなかまとまれない時がフランスのウィーク点でもあるのですが、デシャン監督はこういう選手たちをまとめるのも得意です。選手軍も経験実力とも十分な選手たちが揃っています。まずはGKですが、トッテナムのロリス選手とマルセイユのマンダンダ選手の二人がいれば安泰です。中盤の動きの多い位置には、マンチェスターユナイテッドのポグバ選手、チェルシーのカンテ選手、バカヨコ選手、バイエルン・ミュンヘンのトリッソ選手、ユベントスのマキュイディ選手などが控えています。

ディフェンスは世界有数の選手たち、バルセロナのユムティティ選手、レアル・マドリードのヴァラン選手、アーセナルのコシールニー選手など申し分ない選手軍たちが勢揃いしています。FWはスター選手がこれまた勢揃いしています。たとえばパリ・サンジェルマンのムバッペ選手、バルセロナのデンベレ選手、アーセナルのジルー選手、ラカゼット選手、アトレティコ・マドリードのグリーズマン選手など選手層の厚さは羨ましい限り。

これだけの選手が揃っているフランスですが、フィジカル系に強い選手はいるものの意外性のあるプレーをするダークホース的な選手があまりいないようです。デシャン監督の采配が楽しみですね。

ヨーロピアンリーグでは王者のスペイン

スペイン代表

ヨーロッパリーグでは強いスペイン。ヨーロッパカップでも優勝経験も多く、スター選手もたくさんいるスペインですがW杯となると意外に歴史的にも強くありません。

それでも優勝経験はあるスペイン。2010年の南アフリカ大会では、バルサ出身選手たちをスタメンに起用し初優勝しました。2017年に勃発したカタルーニャ独立問題で一時はスペインサッカー界にも混乱が起こりかけましたが、現在では平常に戻っているようです。バルサ出身のスター選手たちピケ選手、イニエスタ選手、ブスケツ選手など実力、経験とも豊富な選手が揃っていますが彼らもそろそろ選手交代の時期が近づいてきています。若手としてはバルサ出身選手ではないですが、ダビド・シルバ選手、イスコ選手などが次世代を担う若手となっています。GKは今絶好調のマンチェスター・ユナイテッドのデ・ヘア選手がいてこの部分では安泰でしょう。個人的にはスペイン代表を強く応援しているのでぜひ頑張ってもらいたいと思います。

ヒーロー・メッシ率いるアルゼンチン

アルゼンチン代表

ヒーロー・メッシが率いるアルゼンチンも南米の強豪です。今回はぎりぎりで予選を通過しましたが、名将と呼ばれるサンパオリ監督を迎えW杯に向かってきます。優勝軽々んもあり、前大会でもファイナリストまで残っている実力のある国です。メッシ選手以外にもバルセロナのマスチェラーノ選手やマンチェスターシティのオタメンディ選手など実力のある選手も多く、優勝候補の一つです。

まとめ

今回は優勝候補国4つの特徴をまとめてみました。どの国が勝ってもおかしくない強い国ばかりです。とはいえまずはグループリーグで勝ち残らなければなりません。試合の行方が楽しみです。

W杯優勝国予想!人気スポーツブックメーカー・ウイリアムヒルの予想はドイツ!
2018年ワールドカップ – 優勝 – 全てのベットオプション【ウイリアムヒル】
ウイリアムヒル

Posted in ワールドカップ2018ロシア and tagged .

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です