ワールドカップ日本代表・新監督西野 朗について

ワールドカップ日本代表・新監督西野 朗氏について知っておくべき5つのこと

西野 朗

ハリル監督の突然の解任劇から、日本サッカー協会が短い期間で6月に開催が迫るワールドカップ・ロシア大会へ選んだ日本代表の新監督が西野 朗氏です。短い期間でワールドカップ本戦出場選手の選出から日本代表チームの仕上げまで重い任務を引き受けた新監督についてを5つの視点からまとめてみました。

1. 西野監督の選手歴と監督歴について

西野朗氏は1955年埼玉県出身の60歳。元サッカー選手でポジションはMFでした。現役時代は早稲田大学教育学部時代に日本代表に選出され、サッカー選手としてのキャリアをスタートさせます。大学卒業後は日立製作所に入りますが、伸び悩みの時期を迎えます。その後スランプから脱出し1985年には日本サッカーリーグ記録の8試合連続得点を獲得、ベストイレブンにも選ばれる活躍をします。しかしその後伸び悩み1990年には現役を引退しました。

指導者としては、現役引退翌年の1991年からU-20日本代表監督に就任、その後1994年にはアトランタオリンピック出場のU-23日本代表監督に就任し、日本は西野監督の指導のもと28年ぶりに本大会出場を果たします。このときに起こり、今でも話題になるのが「マイアミの奇跡」です。その後は1998年に柏レイソルの監督、2002年にはガンバ大阪の監督にそれぞれ就任しチームを盛り上げました。2012年に神戸ヴィッセル、続いて2014年からは名古屋グランパスの監督に就任しましたが、チームの成績があまり振るわず2015年に解任となってしまいます。それでも2015年末現在のJリーグ監督通算勝利数270勝は、歴代1位と監督としては素晴らしい成績を残しています。

2. 西野朗といえば「マイアミの奇跡」

西野朗といえば「マイアミの奇跡」

サッカーに詳しくなくても聞いた事がある人も多い「マイアミの奇跡」。これは1994年のアトランタオリンピック出場の時に起こった出来事で、当時号外が出たほどのニュースとなりました。マイアミの奇跡とはこのオリンピックでの男子サッカーグループリーグD組第1戦で日本五輪代表がブラジル五輪代表を1対0で下した試合のことです。この当時のブラジル代表は飛ぶ鳥落とす勢いの強さでしたので、まさか日本が王者を倒すことになろうとは夢にも思われず、日本ではものすごい騒ぎになりました。

3. 監督歴も長く脂の乗った時期?!名将と呼ばれていた

監督歴も長く脂の乗った時期?!名将と呼ばれていた

上記の西野監督の監督歴を見れば一目瞭然、マイアミの奇跡も含め十分すぎるほど脂ののった、監督歴でも勝利回数でも申し分のない成績を残しています。ただ2015年の名古屋グランパス監督解任からは日本サッカー協会の理事、また2016年からはハリル監督の下で技術委員長として日本代表チームをささえてきました。

4. 昔からイケメンで通ってたらしい

昔からイケメンで通ってたらしい

60歳の今でも十分イケメンの西野監督ですが、現役時代はもてまくったというイケメンぶりだったそうです。ちょっと俳優の伊藤英明にも似ていますよね。

5. 実際新監督としての期待度は?!

ハリル監督の電撃解任のあとに、日本サッカー協会から急遽指名された西野監督。もちろんハリル監督の元技術委員長としてすでに日本代表チームにはかかわっているので今現在のように本大会寸前のこのタイミングでは適任なのではという意見が多いようです。本大会直前での代表監督解任というのはかなり特異的な事態だっため日本代表選手たちを含め世界中からも驚きの声があがっていました。

まとめ

なにはともあれ、電撃就任を果たした西野監督。あまり時間がないとはいえ、日本代表チームをぜひ勝利に導いて欲しいものです。応援しましょう!

https://ja.wikipedia.org/wiki/西野朗

Posted in 日本代表 and tagged .

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です