8カ国の代表チームで2年に1回のミニW杯を開催? FIFA会長が提案

ミニワールドカップが始まるかも?!8カ国代表で2年ごとにとFIFA会長が提案

ミニワールドカップをFIFA会長が提案?!

ジャンニ・インファンティーノ

今月の初め、日本がGWまっさかりの5月2日に、突如ミニワールドカップ開催になるか?!というニュースが入ってきました。FIFA現会長であるジャンニ・インファンティーノ会長が提案しているといいます。

ことの起こりは、、、

このニュースを最初に配信したのはフランスの新聞社『エキップ』。そしてその記事を引用したイタリアメディア『メディアセット』も同様にこのニュースを配信し世界中にまたたくうちに広がりました。

メディアセット
エキップ

エキップ
エキップ

ミニワールドカップの内容とは

ミニワールドカップの内容とはジャンニ・インファンティーノ会長が提案していると報じられた案とは次のようなものです。『Final8』と呼ばれる8カ国参加の国際トーナメントで、開催は2年ごとに行われると考えられています。

2017年に発表されたネーションズリーグが元の案

2017年に発表されたネーションズリーグが元の案

実は2017年には、欧州サッカー協会(UEFA)や北中米カリブ海サッカー連盟(CONCACAF)などが連盟加入各国のナショナルチームでの新たな大会の概要が発表されていました。

ネーションリーグと呼ばれるこの大会では、加入各国がリーグAからDまで強い順に4カテゴリーにわけられます。そして各カテゴリーはそれぞれ4グループにわけられます。大会では総当たり戦でホーム&アウェイの試合を行い、各グループ首位国は上位リーグに昇格します。最下位は下位リーグに降格となります。最上位カテゴリーのA
の中の各グループ首位の4チームが最終的に準決勝、決勝と戦い1位から4位までが決まります。

このネーションリーグ案では上位8チームが「Final 8」に進むことになります。この「Final 8」がジャンニ・インファンティーノ会長が提案していると報じられた「ミニワールドカップ」です。2017年の提案ではこの大会は4年ごとと考えられていましたが、どうやら2年ごとの開催と考えられていると伝えられています。

この大会は欧州サッカー協会(UEFA)が主催となり偶数年の9月から翌年の6月にかけて行われるようだと伝えられています。

もし本当にこのミニ・ワールドカップの開催が決まった場合、現在開催されているワールドカップ前年のコンフェデレーションズカップは廃止となる可能性が高いです。

ヨーロッパリーグの反応

ヨーロッパリーグの反応

さて、この大会の開催について各国はどのような反応をみせているのでしょうか。

この大会を開催するであろうUEFAは現在加入国&地域は55カ国。現在でさえ日程は超過密です。年間に開催される大会はチャンピオンズリーグとヨーロッパリーグ、そしてナショナルチーム大会のEUROも控えています。EUROとワールドカップの予選もあります。UEFAではワールドカップが終了するとほぼすぐに次のEURO予選が行われ、本戦も開催されます。EUROが終われば次回のワールドカップの予選が始まります。

実際のところヨーロッパの各リーグの関係者は「スケジュールが過密すぎて実際的ではない」と反対の意見が多く上がっているといいます。

FIFAの思惑

FIFAの思惑

このミニワールドカップを強く推しているのは実は中国や中東の投資家グループだといわれています。これらの投資家グループが開催12年間を保証する権利を250億ドル(日本円で約2兆7430億円)という巨額すぎる金額で取得するのではないかといわれています。

発表はまじかとの噂もあります。

まとめ

なにかと大きなお金が動くサッカー界ですが、FIFAが目論むあらたな国際トーナメント・ミニワールドカップの噂についてお伝えしました。実現するとなると天文学的な数字のお金が動くようです。欧州リーグのチームはあまり乗り気ではなさそうですが、どうなることかしばらくは動向をチェックしたいですね。

Posted in fifa and tagged , , .

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です