35人に絞られた!ワールドカップ予備登録選手が決定!

選抜第一段階ー35人選出

日本サッカー協会は今月5月14日にワールドカップ・ロシア大会に出場の日本代表メンバーについて、新監督西野監督らがスタッフ会議を東京で開き、予備登録の35名のメンバーを選出、国際サッカー連盟にリストを提出しました。

今月始めにヨーロッパに初視察旅行にでかけた結果が盛り込まれていると思われます。

この選出メンバーですが、西野監督の意向で公開はされていません。誰が選ばれたのかちまたではいろいろ噂が飛び交っています。

西野監督のコメント

西野監督のコメント

西野監督は35人の選抜選手について以下のようにコメントしています。

西野監督コメント:「35人を選んだが、プレーが可能になっても予測がつかない選手もいるので、キャンプで判断をしなければいけない選手もある」
このコメントから、MF香川真司=ドルトムント=やFW岡崎愼司=レスターが国内の最終合宿に招集されるのではないかと予想されています。他にも怪我の治り具合が気になる選手たちもいるのですが、この二人が特に有力視されています。

予備登録メンバーを公開しない理由

日本サッカー協会は今回の予備登録選手35人の名前を公開しない意向だといいます。
その理由として、選手を動揺させたくない。また今週まで国内Jリーグは試合をしているので、その邪魔をしないための対策だということです。

気になる登録選手35名を勝手に予想

気になる登録選手35名を勝手に予想

さて、気になる登録選手ですが、勝手に予想してみました。実際のところガーナ代表との親善試合は本戦の1戦とも近いことから、出場選手はほぼ本戦の出場選手と考えて良いかと思います。35人の内訳ですが、原則各ポジション3人で33人+GKが5人だと35人になります。

GK

川島 永嗣選手(メス)
東口 順昭選手(ガンバ大阪)
中村 航輔選手(柏レイソル)
西川 周作選手(浦和レッズ)
権田 修一選手(サガン鳥栖)
予備:林卓人選手(サンフレッチェ広島)

DF

吉田 麻也選手(サウサンプトン)
槙野 智章選手(浦和レッズ)
昌子 源選手(鹿島アントラーズ)
植田 直通選手(鹿島アントラーズ)
森重 真人選手(FC東京)
三浦 弦太選手(ガンバ大阪)
酒井 宏樹選手(マルセイユ)
酒井 高徳選手(ハンブルガーSV)
長友 佑都選手(インテル)
内田 篤人選手(鹿島アントラーズ)
車屋 紳太郎選手(川崎フロンターレ)
遠藤 航選手(浦和レッズ)

MF

長谷部 誠選手(フランクフルト)
山口 蛍選手(セレッソ大阪)
井手口 陽介選手(ガンバ大阪→レオネサ)
柴崎 岳選手(ヘタフェ)
香川 真司選手(ドルトムント)
本田 圭佑選手(パチューカ)
今野 泰幸選手(ガンバ大阪)
小林 祐希選手(ヘーレンフェーン)
倉田 秋選手(ガンバ大阪)
清武 弘嗣選手(セレッソ大阪)
中村 憲剛選手(川崎フロンターレ)
三竿 健斗選手(鹿島アントラーズ)

FW

大迫 勇也選手(ケルン)
久保 裕也選手(ヘント)
原口 元気選手(デュッセルドルフ)
乾 貴士選手(エイバル)
岡崎 慎司選手(レスター・シティ)
中島 翔哉選手(ポルティモネンセ)
武藤 嘉紀選手(マインツ)
杉本 健勇選手(セレッソ大阪)
川又 堅碁選手(ジュビロ磐田)
浅野 拓磨選手(シュツットガルト)
宇佐美 貴史選手(デュッセルドルフ)
小林 悠選手(川崎フロンターレ)

今後の選手最終選考

今後の選手最終選考

今後の予定では、5月18日頃をめどに予備登録35人から30人程度にまでメンバーを絞るということです。月末の5月30日にはガーナとの国内で行われる最終の国際親善試合が日産スタジアムでキックオフの予定です。この試合後の5月31日にはワールドカップ本戦に出場する23名のスタメンが発表される見通しだということです。国際サッカー協会への出場メンバー登録締め切りは6月4日です。

まとめ

5月14日にFIFAに35名の予備登録選手リストが提出されたことについてお伝えしました。選手リストは現在まだJリーグが稼働しているため選手の動揺をさけるために公開しないことを日本サッカー協会が決定したようです。選手名が気になるところですが、発表があるまでしばらく待ちましょう。

Posted in 代表, 日本代表 and tagged .

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です