バルセロナの歴代ベストストライカーをご紹介!

いうまでもなく、バルセロナは輝かしい実績を誇るメガクラブです。

これまで様々なスター選手が所属してきたバルセロナですが、その中でベストストライカーは誰なのか?

この記事では、バルセロナの歴代ストライカー2名をご紹介していきます。

リオネル・メッシ

もはや説明不要、バルセロナの歴代ベストストライカーといえば、多くのサッカーファンが「リオネル・メッシ」と回答するでしょう。

メッシは、ラ・リーガ得点王に歴代最多の7度輝き、バロンドールと欧州ゴールデンブーツもそれぞれ6度も受賞しています。

もはや、サッカー史上で考えても最強の点取り屋のひとりであり、これまでにバルセロナに数多くのタイトルをもたらしました。

しかし、今季が始まる前はクーマン新監督やバルセロナの首脳陣に不満を抱き、インテルや、恩師グアル・ディオラ監督が率いるマンチェスター・シティへの移籍が取り沙汰されました。

最終的に莫大な移籍金などが理由で残留に落ち着きましたが、来期メッシは移籍金なしで他チームへ移籍することが可能な状態であるため、より移籍の報道は加速するはずです。

もしかすると、バルセロナというチームでメッシがプレーする姿を見れるのは、今季が最後となるかもしれません。

また、アルゼンチン代表では中々苦戦しているメッシですが、2022年カタールワールドカップでは、悲願の優勝を果たしてもらいたいところです。

ルイス・スアレス

「ルイス・スアレス」は、残念ながら今夏にバルセロナと同じラ・リーガに所属するアトレティコ・マドリードへ移籍してしまいました。

しかし、過去6シーズンにわたりバルセロナのCFを務め、公式戦283試合で、クラブ歴代3位となる198ゴールを記録した功績を鑑みれば、ベストストライカーの一人と呼べるはずです。

そもそも、バルセロナは元々CF受難と言われ続けていました。

ですが、そんな不安を完璧に解消したのがスアレスであり、ネイマールを含めたトリデンテは相手にとって脅威になり続け、またネイマールが移籍したあともメッシと強力コンビを築き、今夏に退団するまでゴールを量産し続けてきました。

クーマン監督から戦力外通告は受けましたが、アトレティコ・マドリードで早速得点を決めているように、まだまだスアレスはトップスコアラーとして君臨しています。

クーマン監督が放出を後悔するほどの活躍を見せつけてほしいところですね!

Posted in Uncategorized.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です