韓国との親善試合が決定!招集メンバーやこれまでの対戦成績は?

新型コロナの影響で中々国際試合が組めなかった日本代表ですが、この度韓国との国際親善試合が3月25日に決定しました。

そこでこの記事では、韓国との国際親善試合の招集メンバーや、これまでの韓国との対戦成績などを徹底解説していきます。

開催日程や開催地は?

今回10年ぶりとなり日韓戦は、2021年3月25日(木)19:20に日産スタジアム(横浜)でキックオフ予定となっています。

また、一応現時点では有観客で開催する予定のようです。

しかし、有観客になると「ソンフンミンの招集をトッテナムが拒否する」などという噂もあり、どのような形での開催になるか注目が集まります。

招集メンバー

今回行われる日韓戦に招集された代表メンバーは以下の通りです。

GK

西川周作(浦和レッズ)

権田修一(清水エスパルス)

前川黛也(ヴィッセル神戸)

DF

吉田麻也(サンプドリア/イタリア)

佐々木翔(サンフレッチェ広島)

松原健(横浜F・マリノス)

山根視来(川崎フロンターレ)

畠中槙之輔(横浜F・マリノス)

中谷進之介(名古屋グランパス)

小川諒也(FC東京)

冨安健洋(ボローニャ/イタリア)

MF

江坂任(柏レイソル)

遠藤航(シュトゥットガルト/ドイツ)

伊東純也(ヘンク/ベルギー)

原川力(セレッソ大阪)

南野拓実(サウサンプトン/イングランド)

古橋亨梧(ヴィッセル神戸)

守田英正(サンタ・クララ/ポルトガル)

川辺駿(サンフレッチェ広島)

鎌田大地(フランクフルト/ドイツ)

坂元達裕(セレッソ大阪)

FW

大迫勇也(ブレーメン/ドイツ)

浅野拓磨(パルチザン/セルビア)

今回の招集メンバーは、南野や吉田など、海外組が9名、権田や坂本など、国内からは14名が選出されています。

日韓戦の成績

 

日韓戦の歴史は古く、日本と韓国による初めての国際試合は、1954年3月7日および3月14日に日本の東京都・明治神宮外苑競技場で行われました。(1954 FIFAワールドカップ・予選)

その後は、日韓定期戦が開始されるなどまさにライバル関係にあった両国ですが、通算成績は日本が13勝に対し、韓国は43勝と実はかなり圧倒されています。

ただし、Jリーグが設立されてからは日本のサッカーのレベルも底上げされており、勝ち星ももう少しで並ぶところまで来ているのです。

日本は30日にカタール・ワールドカップ、アジア2次予選のモンゴル代表戦も控えています。

是非とも今回の日韓戦で勝利し、弾みをつけてワールドカップ予選に臨んでほしいところです。

Posted in Uncategorized.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です